五能線 小入川橋梁にて

画像


画像


先月の五能線沿線散歩。

静かな町並みに惹かれまして、小入川橋梁に長居しておりました。

キハ40系が天空をゆっくりと進んでいきます。

1枚目 普通 223D(2019/5/17 あきた白神-岩館)

2枚目 普通 326D(2019/5/17 岩館-あきた白神)

快速 リゾートしらかみ

画像


画像


奥羽本線の架線下DC 普通1634Dを撮影した後は、

国道7号線と国道101号線を北上し五能線沿線へ。

五能線らしい海岸風景を求めて、大間越、十二湖と北上しますが、

撮影場所が決まりません。

午前11時を過ぎて、十二湖駅近くで撮影することにしましたが、

快速 リゾートしらかみ2号は4両編成。

目測を誤り、編成最後部が…。

前回訪問時も、くまげら編成の撮影を失敗しており、

今回は折り返しの快速 リゾートしらかみ5号まで五能線沿線散歩と

なりました。

1枚目 快速 リゾートしらかみ2号 8522D(2019/5/17 陸奥岩崎-十二湖)

2枚目 快速 リゾートしらかみ5号 8525D(2019/5/17 あきた白神-岩館)

五能線への道程

画像


5月17日 金曜日の朝、埼玉から650㎞の道程を経て

秋田道 昭和男鹿半島ICに到着。

急いで、奥羽本線の線路端を探して、辿り着いたのは大久保駅近く。

秋田遠征は普通 1634Dからスタート。

朱色の3両編成とは幸先良し。

さて、五能線沿線を目指しましょう。

1枚目 普通 1634D(2019/5/17 大久保-追分)

急行 津軽 エピローグ

画像


画像


画像


湯沢行きの急行 津軽を撮影した後は、大館駅までハイキング。

午後5時前に大館駅に着くと、改札口の向こう側にカシオペアが停車中!

慌てて、入場券を購入して駅構内に入りましたが、カメラを準備する間もなく、

出発時刻となりました。

さて、大館からは特急 つがる6号で秋田へ。

名物の稲庭うどんでお腹を満たして、いざ、埼玉へ。

国道13号線を南下するうちに、気になることがありまして大曲駅へ寄り道。

改札口で駅員さんに聞いてみると、午後9時過ぎに1分間停車しますとのこと。

早速、入場券で駅構内へ。

プラットホームは既に撮影準備をしている方が多数いらっしゃいましたが、

DE10 1759を先頭にした急行 津軽の回送列車を無事撮影。

今度こそ、埼玉を目指しましょ。

1枚目 団体臨時 カシオペア紀行 ****レ(2019/5/18 大館)

2枚目 特急 つがる6号 2046M(2019/5/18 大館)

3枚目 急行 津軽回送 ****レ(2019/5/18 大曲)

急行 津軽(撮影編)

画像


画像


画像


弘前行きの急行 津軽は秋田駅発車の際に急停車。

10分ほど遅れて発車しましたが、遅れを回復することができず、

弘前駅の到着は12時55分頃でした。

この後は、特急 つがる4号で大館駅にとんぼ返り。

白沢寄りの芝谷地湿原を目指してレンタサイクルで移動するつもりでしたが…。

営業していると思っていた自転車屋さんに立ち寄ってみると、ずいぶん前に

レンタサイクルは止めてしまったとの話。

覚悟を決めて約5キロのハイキングとなりましたが、

帰りの道のことも考えて、湿原の少し手前の踏切で撮影することにしました。

待つこと1時間あまり、小高い鉄道防雪林の影が線路端に落ちてしまいましたが、

柔らかな日射しの中、赤いED75と青い12系客車を無事撮影。

さあ、大館駅を目指してハイキング再開!

1枚目 普通 1660M(2019/5/18 白沢-大館)

2枚目 急行 津軽 9402レ(2019/5/18 白沢-大館)

3枚目 急行 津軽 9402レ(2019/5/18 白沢-大館)

急行 津軽(乗車編)

画像


画像


画像


画像


画像


画像


先月運転された快速 花めぐり号に続き、

ED75+12系客車の乗車と撮影を目論んで5月17日の金曜日から秋田へ。

昨日は、秋田発5時54分の普通列車で湯沢入り。

既に、急行 津軽は入線しておりましたが、最後尾にDE10の姿。

回送列車はDE10が湯沢まで牽引してきたようです。

急行 津軽は午前8時12分に湯沢を出発。

弘前までの4時間30分は新緑まぶしい沿線風景を楽しみながら

ゆっくりと過ごすことができました。

急行 津軽という名の列車、平成2年の583系化前に上野から青森まで

乗車して以来の再会でした。

1枚目 急行 津軽 9401レ(2019/5/18 湯沢)

2枚目 DE10 1759(2019/5/18 湯沢)

3枚目 急行 津軽 9401レ(2019/5/18 湯沢)

4枚目 急行 津軽 9401レ(2019/5/18 大曲)

5枚目 急行 津軽 9401レ(2019/5/18 弘前)

6枚目 ED75+12系客車(2019/5/18 弘前)

原点 百山踏切へ

画像


画像


画像


画像


画像


5月2日、播但線沿線での撮影後は新名神で島本町に直行。

高槻JCで高速を降りて、側道から西国街道へ抜けて到着。

島本駅で家族と合流となりました。

夕刻、午後5時前に百山踏切へ。

10年の歳月を経て、鉄道写真撮影の原点 百山踏切の周辺は

宅地化が進んでおりました。

1枚目 普通 197B(2019/5/2 山崎-島本)

2枚目 特急 スーパーはくと11号 61D(2019/5/2 山崎-島本)

3枚目 新快速 3293M(2019/5/2 山崎-島本)

4枚目 普通 801T(2019/5/2 山崎-島本)

5枚目 特急 サンダーバード30号 4030M(2019/5/2 山崎-島本)

播但線 沿線散歩

画像


画像


画像


画像


画像


北陸地方のキハ40系を巡った5月1日は福井市内で一泊。

翌日は奈良線沿線での撮影を予定していましたが、

今回はキハ40系にこだわろうと思い直して、向かった先は播但線北部。

午前8時前に播但道 朝来ICに到着。

早速、どこで撮影するかと右往左往し、

農村風景がいいなと思った場所で撮影準備をしておりましたら、

特急 はまかぜ2号が轟音とともに通過してしまいました。

気を取り直して、普通226Dから撮影開始。

列車は約1時間ごとの運転ですので、

生野から寺前にかけての山間部に移動するなど、沿線散歩を

楽しみました。

大阪在住の10年前、キハ181の特急 はまかぜの撮影で

出向かなかったことを後悔しきりです。

1枚目 普通 226D(2019/5/2 新井-生野)

2枚目 普通 227D(2019/5/2 生野-新井)

3枚目 普通 229D(2019/5/2 長谷-生野)

4枚目 快速 1228D(2019/5/2 生野-長谷)

5枚目 快速 天空の城 竹田城跡号 9646D(2019/5/2 新井-生野)

北陸遠征(七尾線 撮影編)

画像


画像


画像


画像


画像


先週の北陸遠征で、城端線沿線での撮影を終えた後は、

キハ40系改造の『花嫁のれん』を撮影するため、七尾線沿線に移動。

氷見から国道415号線で峠を越えて羽咋方面へ向かいましたが、

気まぐれなオプションツアーでしたので、撮影場所の予備知識はゼロ。

グーグルマップで確認して、金丸駅近くの直線区間に到着しました。

『花嫁のれん』の撮影が目的でしたが、今日は令和の初日。

昭和時代から活躍を続ける413系も気になりまして、七尾線沿線には

予定をオーバーしての滞在となりました。

1枚目 特急 能登かがり火8号 3008M(2019/5/1 能登部-金丸)

2枚目 特急 花嫁のれん3号 8013D(2019/5/1 金丸-能登部)

3枚目 普通 854M(2019/5/1 能登部-金丸)

4枚目 特急 能登かがり火5号 3005M(2019/5/1 金丸-能登部)

5枚目 普通 849M(2019/5/1 金丸-能登部)

北陸遠征(城端線 撮影編)

画像


画像


画像


雨晴海岸で氷見線のキハ40系を撮影した後は、城端線沿線に向かう

予定でしたが、キハ47に乗車したくなり、急遽、氷見駅へ。

氷見から城端まで、キハ47に揺られて往復。

氷見でお寿司を食べるプランを取り止めて、漸く城端線の沿線へ。

キハ40系のオレンジ色は、のどかな風景に似合いますね。

1枚目 普通 8340D(2019/5/2 福光-東石黒)

2枚目 普通 341D(2019/5/2 東石黒-福光)

3枚目 普通 342D(2019/5/2 福光-東石黒)

カシオペア 武蔵野線を行く

画像


5月3日に長野行きの団体臨時列車『カシオペア紀行』が運転されました。

当日は、大阪からの帰途にあり参戦できませんでしたので、

カシオペア紀行の回送列車を撮影しようと夜明け前に

武蔵野線の線路端へ。

今朝の日の出時刻は午前4時45分。

暗がりの中、新河岸川の土手でカメラのピントを合わせていると、

草むらの中をガサガサと近づいてくる物音。

こちらの存在に気づいて、迂回して通り過ぎていきましたが、

正体は分からず。

午前4時30分を過ぎて、漸く、明るくなり始めた頃、

EF64 37号機を先頭にカシオペア、通過です。

1枚目 カシオペア紀行回送列車 ****レ(2019/5/6 北朝霞-西浦和)

北陸遠征(氷見線 撮影編)

画像


画像


画像


画像


画像


4月30日の夜。

平成から令和への改元を気にしながら、富山へ向けて出発。

翌朝、午前6時過ぎに小雨の雨晴海岸に到着しました。

子供の頃に購入した時刻表の表紙を飾った風景をイメージして、

氷見線のキハ47から令和の撮影はスタート。

1枚目 普通 525D(2019/5/1 越中国分-雨晴)

2枚目 普通 522D(2019/5/1 雨晴-越中国分)

3枚目 普通 524D(2019/5/1 雨晴-越中国分)

4枚目 普通 527D(2019/5/1 越中国分-雨晴)

5枚目 普通 526D(2019/5/1 雨晴-越中国分)

平成 ラストショット

画像


画像


平成31年4月30日。

平成最後の日は、地元の武蔵野線で石油輸送列車を記録しました。

1枚目 高速貨物 3090レ(2019/4/30 西浦和-北朝霞)

2枚目 高速貨物 3093レ(2019/4/30 北朝霞-西浦和)

昭和、平成そして令和へ

画像


足利市で行われる大藤まつりへの臨時列車。

今年は3往復の設定となりましたが、気になるのは185系。

昭和56年にデビューし、昭和、平成を走り続け、令和の時代へ。

10連休後半は、東海道本線で『踊り子』を追いかけてみますか…。

1枚目 快速 あしかが大藤まつり1号 9541M(2019/4/29 蓮田-白岡)

トヨタロングパスエクスプレス

画像


画像


4月23日の早朝、まだ薄暗い東所沢では盛岡行きのトヨタロングパスエクスプレスを撮影。

新秋津から東所沢までの上り坂を全力で駆けていきました。

帰り道は新座駅へ立ち寄り、名古屋行きのトヨタロングパスエクスプレスを撮影。

さて、身支度をして仕事に出かけますか。

1枚目 高速貨物 4051レ(2019/4/23 新秋津-東所沢)

2枚目 高速貨物 4054レ(2019/4/23 新座)

金太郎街道

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


東北本線の貨物列車は、EH500 金太郎の独壇場。

今月半ばの福島遠征では、地元の武蔵野線沿線で馴染みのある

貨物列車のいつもとは違う表情を記録することができました。

1枚目 高速貨物 3064レ(2019/4/13 貝田-藤田)

2枚目 高速貨物 3074レ(2019/4/13 貝田-藤田)

3枚目 高速貨物 3086レ(2019/4/13 貝田-藤田)

4枚目 高速貨物 3081レ(2019/4/13 藤田-貝田)

5枚目 高速貨物 3052レ(2019/4/13 藤田-貝田)

6枚目 高速貨物 6093レ(2019/4/13 藤田-貝田)

7枚目 高速貨物 3089レ(2019/4/13 藤田-貝田)

8枚目 高速貨物 4051レ(2019/4/13 藤田-貝田)

9枚目 高速貨物 3087レ(2019/4/13 郡山)

10枚目 高速貨物 3083レ(2019/4/13 郡山)

11枚目 専用貨物 8179レ(2019/4/13 郡山)

改めて EF66 27号機 武蔵野線へ

画像


先週土曜日に高速貨物2060レを牽引するEF66 27号機を撮影しましたが、

その後も武蔵野線まで足を伸ばす運用が続いておりました。

4月23日の早朝、東所沢へ。

オレンジ色に照らされた風景を期待しましたが、残念ながら曇り空。

ただ、今回は被られることなく、無事に高速貨物1080レを撮影。

高速貨物1080レは、3月のダイヤ改正後、初撮影でした。

1枚目 高速貨物 1080レ(2019/4/23 新秋津-東所沢)

EF66 27号機 武蔵野線へ

画像


4月20日の土曜日、高速貨物 2060レを撮影しようと新河岸川の土手に

行ってみると、既に撮影準備をしている方がおりました。

金色のスペ-シアの撮影かと思いましたが、どうも様子が違う。

その答えは、高速貨物2060レが現れて分かりましたが、

485系 華が裏かぶり…。

1枚目 高速貨物 2060レ(2019/4/20 北朝霞-西浦和)

快速 花めぐり号(乗車編)

画像


画像


画像


画像



先週土曜日、国見町での撮影を終えた後は、国見ICから東北自動車を南下。

一路、郡山を目指します。

お昼過ぎの郡山駅に着いてみると、改札口の向こうにED75の姿が見えましたので、早速、入場。

側線に佇むED75と12系客車は撮影会の真っ最中でした。

快速 花めぐり号の復路、毎年のことですが、途中駅での長時間停車がないため、

東北本線を疾走する12系客車の乗り心地を堪能。

今年は、大河原-船岡間の桜並木は満開でした。

1枚目 12系客車(2019/4/13 郡山)

2枚目 ED75 757(2019/4/13 郡山)

3枚目 ED75+12系客車(2019/4/13 郡山)

4枚目 快速 花めぐり号 9571レ(2019/4/13 郡山)

春爛漫を行く 快速 花めぐり号

画像


4月中旬に仙台と郡山の間に設定される臨時快速。

昨年まではED75+客車列車でしたが、

今年はED75+12系客車の組み合わせとなりました。

赤い機関車と青い客車の編成を追いかけて、

昨日は福島県国見町に出かけておりました。

午前6時頃に現地に到着すると桜は満開。

周囲の山々は春の衣装に衣替えの途中でしたが、

春を満喫しながらの撮影となりました。

1枚目 快速 花めぐり号 9570レ(2019/4/13 貝田-藤田)